体罰:生徒の鼓膜破る 教諭が平手打ち--千葉・幕張西中 /千葉 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

悲惨なニュースです。

例えば、「電車の車中で態度が悪い大人がいた。人に対する憂い豊かなプロレスラーが、その大人を平手打ちして、その態度を改めさせた。鼓膜が破れなくても少し口の中を切った。」これは、たとえばのお話の想定ですが、いかがでしょうか?相手が強いから文句は言えないが、相手が弱ければケンカになります?もしくは、返り討ち?

これが自分なら。そのようなところから考えてみるのも必要だと思います。
子供だから大人がたたいても良い。なぜ大人は大人にたたかれてはいけないのか?大人の世界ではどんな理由があれ、この場合は傷害罪が成り立ちます。たたかれた子供が、もし、功夫の達人なら、先生の急所に!!そして先生がそれを知っていたら、たたかなかった?色々と考えてみると結構理不尽な想定もできます。

そして、法律では大人がどんなに悪いことをしても江戸時代のお仕置きのような体罰による刑を禁じています。
死刑は別問題だとおもいます。今回の場合は、態度が悪いから戒めるのです。生きているからその態度を改める。死んでしまえば改めることはないのですから。
体罰の議論はどのように教育の現場で行われているのでしょうか?
子ども達の基本的人権、私権の享有の実質的平等はどのように考えるのでしょうか?
大人が大人に体罰はだめ。しかし大人が子供に体罰は?もし認めるというならその理由は?こんなことを考えていくことに、子どもたちの健やかな成長に寄与できるのではないでしょうか?

この事件で、この子の心の中にはどのような世界が広がってしまったのでしょうか?よく抱きしめて、本当にじっくりとじっくりと聞いてあげたい思いで、はち切れそうな気持ちです。

体罰:生徒の鼓膜破る 教諭が平手打ち--千葉・幕張西中 /千葉

毎日新聞 3月18日(日)11時18分配信

千葉市美浜区の市立幕張西中学校の20代男性教諭が昨年7月、態度が悪いとして、男子生徒(2年)の顔を平手打ちし、鼓膜が破れるけがをさせたことが分かった。市教育委員会が処分を検討している。

同校によると、教諭は昨年7月14日の昼休み、男子生徒が体育館でバレーボールを蹴って遊んでいたため注意した。生徒はやめたものの、教諭はその後の注意を聞く態度が悪いとして、顔を複数回平手打ちした。

生徒は耳鳴りがしたため翌日病院に行くと、左耳の鼓膜が破れていると診断され、母親が同校に報告した。同校は教諭に数日間の自宅謹慎を命じた。教諭は他学年の学級担任を務め、バレーボール部の顧問だった。【荻野公一】

引用元: 体罰:生徒の鼓膜破る 教諭が平手打ち--千葉・幕張西中 /千葉 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


7 + seventeen =