地獄絵が売れている。

最近子ども達に地獄絵がしつけ用として、爆発的に売れているらしい。

恐ろしくて、気味が悪いかも知れないが、日本の地獄感をとてもよく表している興味深いものである。

この絵が、当たり前で自然に存在するものであるから、これを子ども達に見せるとか見せないと言うよりも、子ども達はあらゆるものを見て色々なことを感じる中での、一つのものである。

しかし、これにナレーションをつけて、嘘をつくから舌を抜かれる、◯◯をするから地獄で◯◯をされると話す大人の心意はどのようなものであろうか?

大人達は、この本を使って、子ども達に何をしようとしているのか?

その自らの心をまず顧みることのほうがが大切だと思う。地獄絵を用いる大人達が地獄の亡者になっていないのかどうか、よく自分の胸に聞いてみる必要があると思う。

地獄絵は、たかが地獄絵、されど地獄絵である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three × 4 =