教育 : 子どもが脚本家・演出家になれる文科省SPサイト「演劇メーカー」 | RBB TODAY (ブロードバンド、回線・サービスのニュース)

最近話題になっているコミュニケーション教育とは何か?「コミュニケーション教育推進会議」など文部科学省が取り組んでいます。私もこれから役者を目指したいと思いますので、子どもが脚本家・演出家になれるというなら、ちょっと暇を見て実験してみたいとおもいます。

文部科学省は5月31日、教育分野での子どもスペシャルサイトとして、劇作家・平田オリザ氏監修のもと、コミュニケーション教育への理解・関心を深めるためのサイト「演劇メーカー」を公開した。

経済協力開発機構(OECD)では、子どもたちに必要な能力の一つとして「多様な社会グループにおける人間関係形成能力」を挙げ、企業が学生を採用するに当たっても、コミュニケーション能力をもっとも重視するなど、コミュニケーション能力の育成を求める社会的要請が高まっている。こうした背景を踏まえ、文部科学省でも「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、演劇などの芸術表現を通じたコミュニケーション能力の育成などについての議論を行っている。

引用元: 教育 : 子どもが脚本家・演出家になれる文科省SPサイト「演劇メーカー」 | RBB TODAY (ブロードバンド、回線・サービスのニュース).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 + four =