朝日新聞デジタル:「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ – 社会

私も小学校の6年生までは、草野球少年でした。野球が大好きで、チームを作って毎日野原で野球をしていました。中学に上がり野球部に入り、まず最初にやらされたことは、中腰で膝に手を当てて声を出す練習です。「めえーーめえーー」と応援の練習です。声が小さいと、「けつぱん」という容赦のないバットでけつをたたく仕打ちに会います。たまに尾てい骨にも当たる痛さはたまったものではありません。それを先生が率先してやっています。私はすぐに野球部を辞めました。
母が再婚した養父は野球が好きで、母の前でそのような私を「この子は根性なしだ、◯◯(母の名前)の育て方が悪い」とののしりました。
母はそれに対して養父に「なにを!!」とくってかかり、それからというものは母は養父に対してとても厳しくなりました。「けつぱん」を黙認した先生に対しても文句を言いに学校にも乗り込んでいきました。全ての出来事は、私の脳裏に映画のようにはっきりと焼き付いています。
それから私は、野球というものに興味がなくなりました。しかし、たまにやる草野球では、いまだに小学校の時の軽やかな守備のフィールドワークでつかむ球と、独特なバッティングで撃つ球の気持ちよさと楽しさは体が忘れていません。
しかし、そのような学校と、養父のいる家が嫌になり、ぐれはじめました。中学時代から繁華街に出入りし、うろつく毎日です。
今回のこの桑田氏の記事を読んで、特に「監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。」にはとても共感します。
体罰やしつけ。もし大人が、体罰だと言ってとても力の強い大人から殴られたりして、これはおまえの性根が悪いからだと言われてて済むでしょうか?自分が子どもよりも強い立場にいいるから暴力をふるうのは全く卑怯な行為です。しつけも体罰も全て卑怯な言い訳であることを社会全体が早く気付くべきです。

「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ

体罰について語る桑田真澄さん=11日午後、東京都新宿区、越田省吾撮影

[PR]

【岡雄一郎】体罰問題について、元プロ野球投手の桑田真澄さん(44)が朝日新聞の取材に応じ、「体罰は不要」と訴えた。殴られた経験を踏まえ、「子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」と指摘した。

引用元: 朝日新聞デジタル:「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ – 社会.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one × 5 =