親と子の会話に、違和感を感じ取る能力

(1)好きなメニューを選ばせない親

ある時、私はあるご家庭とロシア料理を食べに行った。メンバーは50代の父母とその大学生の息子、私である。父親は私にご馳走してくれる気、満々でその店で一番高いコースを勧めてくれた。確か、壺焼きが付いていて、その中身が蟹だったりベーコンだったり、チーズだったりで7種類くらいから選ぶシステムだった。

その息子は少し迷って「ベーコン」を選択した。すると父親がこう言ったのだ。

「なんでベーコン? この場合、(正解は)蟹だろ? 蟹?」

今度は母親がこう応じた。

「そうよ、せっかくなんだから蟹にしなさい、蟹に!」

その息子がこう言ったのを私は忘れない。

「じゃ、蟹で……」

その場で「大変だね、君も」と応じた私にその息子が今度はこう言った。

「まあ、いつもどおりですよ。(俺の)意見は(通ら)ないんで……」

親子の暗黙の了解にクビを突っ込んでしまったバツの悪さたるや。ただ、この私が感じた「違和感」をこの子の両親は露ほども感じていないことだけは確かだ。

引用元: 子どもを「食えない大人・食える大人」にする親の共通点 – エキサイトニュース(1/4).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


seventeen − 13 =